【経験談】選ぶ環境って、本当に大事だなと思うこの頃

経験談

こんにちは
りおです!


世界陸上を見ながら
この記事を書いてます。

わたしも8年間
高校まで陸上に捧げてきたので
何度見ても感動しますね。☆


さて、今日はPCスキルを
身につける決意をして
よかった話をしていきます!


・働く環境は複数あった方がよい
・人はコミュニティに属す生き物である

では、いきましょう〜!

現状は自分の「決断」の積み重ね

わたしは保育士になって
今年で11年目を迎えました。

4年目に「辞める!」と決意して
Facebookにも宣言したのですが。

同じタイミングで結婚をしたので
先を考えた結果、パートに変えて
続ける道を選びました。

同期はみんないなくなり
自分だけが残りました。笑

ほんとに
この10年で
いろんな人を見てきました。

旅立った仲間たちは
今でも親交があって
みんな素晴らしい人ばかり。

保育観が合わなかった人
新しいことに挑戦した人
結婚や出産を機に退職した人

辞めた理由は様々です。

わたしも4年目に辞めていたら
今どんな生活をしていたんだろう?と
想像することがあります。

他の保育園に転職をして
四苦八苦していたのかなぁと。
もしかしたら今よりも不満を言って
もっとダメ人間になっていたかもしれません。

まず、現状に
不満を抱えている人に
共通してるのは

「他責精神」

これだなぁと思います。
なぜなら自分が
そうだったからです。

事実、あの4年目の時に
辞めて違う道を選ぶことも
できたのにですよ…!

自分で選んだことに対して
気づけば
「つらい」
「時間がない」
こんな風に
ネガティブな感情になってばかり…。

過去にワープできるなら
「人のせいにしちゃダメ!」
を入れたいですね。笑

1つに縛られていませんか?


あと、
不満が多い人の特徴は

「視野が狭い」

これも共通しています。

物事を狭い空間の中でしか
見れないから
自然と愚痴も増える。

そして気づけば
同じように愚痴を話したり
聞いてくれたりする人と
仲間意識を強くして
「自分は悪くない」って
悟りを開く。

女子は特にあるあるですよね。笑

この1〜2年はわたしも
本当に酷かったです。

わが家は
夫婦で仕事の話を
一才しないので
吐き出す場所が欲しかったんですよね。

それで仲良くしてくれている先生に

出勤前にLINE。
帰宅後にLINE。

その日あったキツかったことなど
話を聞いてもらい
気持ちを発散させていました。

あの頃は真面目にそうしないと
精神がもたなかったんですよね。

家では聞いてくれる人がいない。
保育園のママ友にも
恥ずかしくて話せない。
親に話すのも気が引ける。

今振り返ると
1つのことに固執するのって
思考を危険にさせるなって思います。

もっと気持ちを分散できるように
早く新しいことに
挑戦していればよかったと
ヒシヒシ思います。

人は「集団」に属する生き物

この居場所作りで大事なこと。

それは
「切磋琢磨できる環境」
を選ぶことですね。

愚痴や不満なんて出ないぐらい
がんばる仲間たちが集っている
場所を選ぶことが大切です。

正直、わたしみたいな
ポンコツで指示待ち人間には
がっつりマンツーマンレッスンが
合っていますが。苦笑

でもね、それじゃ意味ないんです。
結局、やれなかった時に
教えてくれた人を責めてしまいます。

なので、
自分から考えて
わからなくなったら
手を差し伸べてもらえる。

自分を1から変えたい人には
こういう環境をお勧めします。

びっくりするぐらい
何からしていいかわからないですw

この「自分で考える」っていう力
まさにこれからの子どもたちが
必要とされていることなんですよね。

正解を言える子じゃなくて
自分で答えを導き出せる子。

そう、今のわたしは
未来の子どものように
もがきながら毎日
手を動かしています。

あなたも一歩踏み出して
がんばってみましょう!!

それでは。☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました